『緩和ケア』2018年7月号が刊行されました

2018.07.13

『緩和ケア』2018年7月号の特集テーマは『便秘治療・ケアの新時代―PAMORA(末梢性μ受容体拮抗薬),登場!』です。

【特集紹介】
 オピオイドによる便秘症治療が大きな話題になってきた。海外で注射薬しかなかった末梢性μ受容体拮抗薬(PAMORA)の経口薬が日本にも登場。本特集では,新薬のPAMORA(ナルデメジン)に焦点を当て,緩和ケアにおける便秘治療の全体像から,ナルデメジンの臨床での使い具合を紹介。また,非薬物療法の王道と実践の変化について,病棟,在宅の看護師からの知恵を,さらに「こねた」として,サブイレウスの着眼点,漢方薬と市販薬についての情報も整理した。

◆ご注文は下記からお申込みいただけます◆

『緩和ケア』2018年7月号はこちら

年間購読はこちら

バックナンバーはこちら