緩和ケアで鍵となる研究
-先を見通す背景読みスキル

2020.07.23
96

緩和ケアで鍵となる研究
-先を見通す背景読みスキル

ISBN:978-4-902249-97-2

仕様:B5判

本体価格(税別)
¥3,000
数量

CONTENTS

まえがき 共著者一覧

第Ⅰ部 丁寧に読んでウラを知る-緩和ケアの研究論文

第1章 痛みについての研究
1 「万能薬」のステロイドは痛みに効くか?
2 WHOラダーの2段階目はいらないのではないか?
3 経口オピオイドの投与開始時に制吐剤の予防投与は効果がない?
4 粘膜吸収性フェンタニルはタイトレーションをしなくてもよい?
5 難治性疼痛にケタミンは本当に効いているのか?
6 初回治療として神経障害性疼痛に特に有効なオピオイドはあるか?

第2章 呼吸器症状についての研究
1 ステロイドは呼吸困難に効くのか?
2 風を送ると呼吸困難は和らぐか?
3 今ある死前喘鳴に抗コリン薬は無効なのか?
4 抗コリン薬は死前喘鳴の「予防」には有効か?

第3章 消化器症状についての研究
1 ガイドラインに従って制吐剤を選択するのは意味がない?
2 消化管閉塞にオクトレオチドは効いているのか?
3 終末期に輸液をするとよいことがあるのか?

第4章 精神的苦痛・せん妄についての研究
1 終末期せん妄に抗精神病薬は本当は効いていない?
2 「スピリチュアルペイン」に標準化した精神療法は有効か?
3 激しい過活動型せん妄にベンゾジアゼピンは有効か?

第5章 研究方法論(メソトロジー)がよく分かる研究
1 臨床的に意味のある差って何?
─minimal?clinically?important?difference;MCID─
2 治療効果を測定するのにNRSの変化よりいい方法?
3 非劣性試験って何?
4 緩和ケアではプラセボ効果ノセボ効果がやけに大きい?
5 実臨床でどうしたらいいか分からないことは「心理実験」で。
6 ランダム化試験はできないけど効果を推定するための方法は?
7 ネットワークメタアナリシスは万能か?
8 「やめどき」研究とは何か?
9 基礎研究と臨床の困りごとはつながるか?
10 施策にもエビデンスは必要か?
11 AIと行動経済学は緩和ケアを変えるか?

第Ⅱ部 緩和ケアの研究─どこからきて、どこへ向かうのか?

1 〈日本の緩和ケア研究の歴史〉
日本の緩和ケア研究─来し方を知る
2 〈自分の研究を振り返る〉
緩和ケア研究に関するナラティブストーリー
3 〈今後の研究〉
今後必要とされる緩和ケアの研究とは?

初出一覧