緩和ケア 2008年9月号

2008.09.15
Vol.18 No.5

緩和ケア 2008年9月号

本体価格(税別)
¥1,500
売り切れました

目次

〔特集〕ボランティアで変わる緩和ケア

●特集にあたって
なぜ,緩和ケアにボランティアは必要なのか
ホスピスにおけるボランティアとボランティアコーディネーターの役割
一般病院におけるボランティアの導入と活動の実際
在宅ホスピスボランティアの活動
 ―在宅ホスピスケアチーム・パリアンの取り組み
市民ネットワークによるボランティア活動
 ―聞き書きボランティア活動を中心に
時をつむぐボランティア
 訪問活動もチームの輪の中で活かされる
 聞き書き100 人を目標に
 ホスピスケアの風景の中に在ること
◆ショートレビュー
 ホスピス・緩和ケアにおけるボランティアの教育・役割

◆事例に学ぶシリーズ・2008
 ―こんなときどうする? 野の花の難渋分類への対応〈11〉 急変
●らしんばん
 仏教の教えに学ぶ―“患者中心”の医療は“自己中心”の医療?
●現場で使える臨床心理の見方〈5〉
 見守りの器―ウィニコットに学ぶ関わりの意味
●いのちの歌
 マナー違反
●在宅ホスピス物語〈15〉
「患者は,死ぬまで生きている」
●R E P O R T
 第33 回日本緩和医療学会
●緩和ケア―日常業務の知恵〈13〉
 計画実施と入棟後の管理(3)