緩和ケア 2008年10月増刊号

2008.10.21
Vol.18 Suppl(増刊号)

緩和ケア 2008年10月増刊号

本体価格(税別)
¥3,000
売り切れました

目次

 Ⅰ.総 論

緩和ケアにおける多次元的アセスメント(multidimensional
 assessment in palliative care)

 Ⅱ.身体症状

 1 .身体症状の評価とツール
 2 .全身症状の評価(KPS,ECOG-PS,PPS)
 3 .包括的評価尺度(MDASI-J)12
 4 .緩和ケアニードのスクリーニングツール 
 5 .代理症状評価尺度(STAS-J 症状版)
 6 .疼痛の評価
 7 .呼吸困難の評価(CDS)
 8 .倦怠感の評価
 9 .日本語版便秘評価尺度(CAS-J)
10.嘔気・嘔吐の評価

 Ⅲ.精神症状

 1 .精神症状の評価とツール
 2 .抑うつ,不安の評価
 3 .大うつ病,適応障害の評価
 4 .せん妄の評価

 Ⅳ.心理・社会・霊的ケア

 1 .心理・社会・霊的ケアの評価とツール
 2 .進行がん患者のための自己効力感尺度(SEAC)
 3 .がん患者の心配評価尺度(BCWI)
 4 .スピリチュアルカンファレンスサマリーシート(SP-CSS)
 5 .スピリチュアルペインの評価(FACIT-Sp 日本語版)

 Ⅴ.QOL

 1 .QOL の評価とツール
 2 .QOL 評価の質問票(EORTC QLQ-C30 と QLQ-C15-PAL)
 3 .がん特異的な健康関連 QOL(HRQOL)測定の尺度(FACT)
 4 .緩和ケア用の QOL 尺度(MQOL 日本語版)
 5 .緩和ケア用 QOL 調査票―ケアノート(Care Notebook)
 6 .包括的な緩和ケアの代理評価尺度(STAS-J)

Ⅵ.ケアの質

 1 .ケアの質の評価とツール
 2 .ホスピス緩和ケア病棟ケアに対する評価尺度(CES)
 3 .遺族の評価による終末期がん患者の QOL 評価尺度(GDI)
 4 .がん医療に対する安心感尺度

Ⅶ.家族・介護者のケア

 1 .家族・介護者のケアの評価とツール
 2 .終末期のがん患者を介護した遺族による介護経験の
  評価尺度(CCI)
 3 .介護負担感尺度(CRA-J,BIC-11)
 4 .悲嘆の評価

Ⅷ.医療者のケア態度,困難感,満足度

 1 .医療者のケア態度,困難感,満足度の評価とツール
 2 .緩和ケアに関する医療者(医師,看護師,コメディカル)の
  知識・態度・困難感の評価尺度
 3 .Frommelt の医療者のターミナルケア態度尺度日本語版
  (FATCOD-Form B-J)
 4 .緩和ケア実践に関する医療者の自己評価尺度
 5 .一般病棟の看護師の終末期がん患者のケアに対する
  困難感尺度
 6 .緩和ケアチーム活動上のバリア・アセスメントツール

Ⅸ.患者・家族における臨床ツール

 1 .患者・家族のための臨床ツール
 2 .患者・家族向けパンフレット―つらい症状があるときの
  対応の仕方
 3 .患者・家族と医療者間での情報共有―わたしのカルテ
 4 .症状評価のためのツール
 5 .退院支援のためのツール―がん患者のための退院支援・
  調整プログラム
 6 .看取りのケアのためのツール―パンフレット
  「これからの過ごし方」
 7 .臨床倫理検討シート

Ⅹ.その他の評価とツール

 1 .その他の臨床・研究に関する評価とツール
 2 .予後予測のツール
 3 .死生観尺度
 4 .緩和ケア初診時データセット
 5 .緩和ケアチーム初期評価表
 6 .がんのリハビリテーションにおける評価
 7 .口腔の評価
 8 .遺族の後悔尺度―ホスピス・緩和ケア病棟への移行時
  における意思決定の評価
 9 .がん終末期褥瘡ケア・アセスメントツール