Vol.19 No.2

緩和ケア 2009年3月号

本体価格(税別)
¥1,500
売り切れました

目次

〔特集〕在宅移行のためのマネジメント

●特集にあたって
本当に求められている地域医療連携とは
在宅ケアの視点からみた急性期病院に求められる地域連携
地域における緩和ケア病棟の役割
―西胆振在宅ホスピス・ネットワークの構築と連携
―在宅医療機関との連携の試みと活動の実際
退院支援における医療ソーシャルワーカーの役割と実際
退院支援における看護師の役割と実際
薬剤師からみた地域連携
―緩和医療における薬薬連携の現状と課題
―保険薬局の抱える現状と課題
事例でみる在宅移行と地域連携
―病院から依頼された困難な事例
―病院との連携が良好で患者・家族も満足できた事例
―地域との連携がうまくいった事例・いかなかった事例
地域連携のための病院看護師たちの新たな試み
―電話インタビューと地域での体験研修

らしんばん
緩和医療と薬剤師
いのちの歌
ぷれぜんと
海外事情
英国ホスピスの旅(3)―ホスピスを支える英国人の考え方
コミュニケーション広場
ドイツ最初のエイズホスピス所長ティレ・ケルコヴィウス氏の講演会
緩和ケア相談サロンの取り組み
在宅ホスピス物語18
ケアの力―ケアをめぐるある風景
R E P O R T
第2 回対人援助・スピリチュアルケア研究会
カンファレンスから学ぶ緩和ケア1
ホスピス病棟におけるカンファレンスの実際
―淀川キリスト教病院の場合
現場で使える臨床心理の見方, 臨床心理の見方と医学の見方の橋渡し
緩和ケア―日常業務の知恵16
症状緩和(2):薬物療法概論②
特別収録
「STAS ― J の使用経験とこれからの課題2008」開催報告