緩和ケア 2011年7月号

2011.07.15
Vol.21 No.4

緩和ケア 2011年7月号

本体価格(税別)
¥1,500
数量

目次

〔特集〕ことばは難しい―緩和ケアに関するさまざまな用語とその概念

特集にあたって
緩和ケアの用語をめぐる国際的な動き
ホスピスケアと緩和ケア―歴史からみた違いと共通点
緩和医療と緩和ケア―理論と実践の統合を目指して
緩和ケアに関わることばと看護―スピリチュアリティをめぐって
なぜ「緩和医療学会」としたか―学会立ち上げのこころ
緩和ケアのことばエトセトラ
緩和ケアでのことばをめぐるすれ違い―誤解された「家族ケア」
 「緩和ケア」はなぜ誤解されるのか
 「緩和ケア」という言葉と概念を整理してみる

ショートレビュー
 緩和ケアをめぐることばの混乱

らしんばん
 わたしを動かすちから
緩和ケア―日常業務の知恵30
家族への病状説明(2)
緩和ケアチームはその時,どう動いたか?3
 患者家族の希望するケアの調整に難渋した1 例
 「痛くて死にたい」と泣く患者の本当のつらさとは?
医療コミュニケーションの“コツ”4
 食事が美味しくない
いのちの歌
 前向きに
R E P O R T
 第127 回ホスピスケア研究会
 第11 回十和田緩和ケアセミナー
海外事情
 がん患者や家族らへのコミュニティにおけるサポート
 ―サウスオーストラリア州にて
在宅ホスピス物語3
 在宅ホスピスの広がり③―こどもホスピスへの小さなたね
マ ン ガ
 わが家のナースコール
緩和ケア☆ちょっとしたコツ
 在宅で息苦しさに対応するコツ
最期のことば集10
 悲嘆の理解
症例報告
 化学療法を契機に全身痛をきたした症例への治療およびケアに関する考察
 ―線維筋痛症としての診療・日常生活指導を行った肺がん症例
調査報告
 在宅緩和ケアに関する望ましいリソースデータベースとは何か?
 ―多地域多職種を対象とした質的研究
架 け 橋
 緩和ケア×哲学1
コミュニケーション広場
 がん看護における緩和ケアの発展を担う鍵
 ―JSCN-SIG ホスピスケアにおける実践・教育・研究活動の広がり