重度障害者への活動分析アプローチ(上)-基本的介入のあり方から治療展開へ-

2013.05.24
67

重度障害者への活動分析アプローチ(上)-基本的介入のあり方から治療展開へ-

ISBN:978-4-902249-67-5

仕様:B5判 170頁

本体価格(税別)
¥3,000
数量

I 総 論

重度障害者への活動分析アプローチ 山本伸一,他

II 臥床傾向に対する具体的アプローチ

1.疾患別理解のポイント 伊藤克浩
2.関節モビライゼーション&促通-上肢 箭野 豊
3.関節モビライゼーション&促通-下肢 下里 綱,他
4.重度障害者の寝返り 伊林克法
5.起き上がり動作 北山哲也
6.パーキンソン病 門脇達也
7.座位への移行 三瀬和彦
8.立位へのチャレンジ 北山哲也
9.呼吸-呼吸器疾患を合併した重症四肢麻痺患者への介入 宮下正彦
10.頭部外傷-頭部外傷後に四肢麻痺を呈した症例への関わり 福澤 至
11.介助者への指導 新里 光,他

III 重複障害(1)-骨折など

1.疾患別理解のポイント 高村浩司
2.大腿骨頸部骨折-脳梗塞発症後に大腿骨転子部骨折を呈した症例へのアプローチ 末吉恒一郎
3.変形性関節症 福富利之
4.再発-同側片麻痺 砂川 剛
5.再発-両側片麻痺者への治療的アプローチ 山根佳子,他

IV 重複障害(2)-その他

1.排便障害 木村奈保美,他
2.糖尿病-糖尿病を合併した左片麻痺患者との関わり 宮下正彦
3.透析患者に対するADLアプローチ 小林昭博,他