『緊急事態宣言』発令解除への弊社の対応(ご注文、お問い合わせなど)
ホーム > 緩和ケアプラス
『緩和ケアプラス』は「最新の」「緩和ケアに特化した」「ここでしか読めない」情報を紹介しております。関心をもたれている情報に関する特集を組み、専門誌ならではの切り口で掘り下げています。

『緩和ケア』最新号

200116

Vol.30 No.4

緩和ケア 2020年7月号

緊急特集  COVID-19時代の緩和ケア① 
特集  コミュニケーション力を研く
  ―スキルアップ・ツールが増えた!

緊急特集  COVID-19時代の緩和ケア①  2019年11月に中華人民共和国湖北省武漢市付近で発生が初めて確認され、その後、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行(パンデミック)を引き起こしている。特に医療機関、介護施設等における院内感染ならびクラスター発生は、緩和ケア病棟でも重要な案件となる。  本号において緊急特集を組み、COVID-19感染症の緩和ケア、COVID-19時代のがん患者への緩和ケアの2つのセクションより、COVID-19時代の緩和ケアを見通す。 特集 コミュニケーション力を研く ―スキルアップ・ツールが増えた!  近年,国内外でアドバンス・ケア・プランニング(ACP)や終末期についての話し合い,意思決定支援が大きく着目されるようになってきた。それに伴い,さまざまなコミュニケーションの方法が日本で確立され,さらには海外から紹介されてきた。  本特集では,コミュニケーションスキルに熟練した多様な背景の方々を執筆者に迎え,それぞれのツールの成り立ちや概要,エビデンス,実際の研修内容や実臨床での使い方,そして今後の展開・方向性を述べていただいた。  コミュニケーションスキルにおいて使える「武器」が増えた今,コミュニケーションの本質を見つめ直すよい機会となる。

詳細を見る
緩和ケア 年間購読