『緩和ケア』のご紹介

The Japanese Journal of Hospice and Palliative Care

雑誌紹介

本誌の前身『ターミナルケア』は、1991年にわが国で終末期医療の分野を取り扱う最初の「多職種のための専門誌」として創刊されました。終末期医療、ターミナルケア、ホスピスケアの発展と充実に寄与することを目指して創刊し、2005年に『緩和ケア』と改題し、現在に至っています。

創刊当時は、「内科」「治療」「看護学」というタイトルに混じって、「ターミナルケア」と並んでいるのは驚きだったと思いますが、それから20余年が過ぎ、緩和ケアは一般的な言葉になりました。今や、がんの痛みの治療、呼吸困難の緩和ケア、終末期患者と家族のサポートといった記事はそこかしこにあふれています。

本書では、その中でも「最新の」「緩和ケアに特化した」「ここでしか読めない」情報を紹介しております。関心をもたれている情報に関する特集を組み、専門誌ならではの切り口で掘り下げています。そして、現場で広がる知恵とコツを見逃さず、緩和ケアのスキルも身に着くように解説しています。

創刊年

1991年4月(刊行当時の誌名は「ターミナルケア」)

発行形態

隔月刊行(年6回・奇数月、15日発行.増刊号年1回)

読者対象

緩和ケアに携わる医師・看護師・薬剤師・医療ソーシャルワーカー、そのほかのメディカル・スタッフの方

編集顧問

志真 泰夫(筑波メディカルセンター)
高宮 有介(昭和大学医学部)
恒藤  曉(京都大学医学附属病院 緩和ケアセンター/緩和医療科)
角田 直枝(茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター看護局長)
徳永  進(野の花診療所)
山崎 章郎(ケアタウン小平クリニック)

編集委員

森田 達也(聖隷三方原病院 緩和支持治療科)
田村 恵子(京都大学 大学院 医学系研究科)
木澤 義之(神戸大学 大学院 医学系研究科)
西  智弘(川崎市立井田病院 かわさき総合ケアセンター)
森  雅紀(聖隷三方原病院 緩和ケアチーム)
山口  崇(兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科)
海津未希子(慶応義塾大学 大学院 健康マネジメント研究科)
柏木 夕香(新潟県立がんセンター新潟病院 緩和ケアセンター)
高橋美賀子(聖路加国際病院 オンコロジーセンター)
矢野 和美(東京逓信病院 がん相談支援センター)
 

過去の特集テーマ

2017年(Vol.27)

No.1 口内炎・味覚障害・口渇をなんとかする
No.2 実践としてのビリーブメントケア―熟練者のスキルを取りこむ
No.3 キャリアデザイン―私たちの目指す道
No.4 「眠れない!」みかたをかえて問いなおす
No.5 外来緩和ケア超実践術
No.6 呼吸困難―エビデンスはそうだけど、実際はこうするよね
増刊号 心疾患・COPD・神経疾患の緩和ケア―がんと何が同じで、どこがちがうか

2016年(Vol.26)

No.1 すっきりしない症状への対応―どこまでやれば「合格」か?
No.2 せん妄のアドバンスドな知識と実践―緩和ケアのエキスパートに必須のスキル
No.3 抗がん剤をギリギリまで続けたい患者のサポート―一歩進んだ意思決定支援
No.4 苦痛緩和のための鎮静についてのアドバンストな知識―質の高い実践の土台を得る
No.5 「その時がいつか」を予測する―余命を推定する確かな方法
No.6 そろそろ、メサドン?―「4段階目」の新規麻薬の実践上のコツ
増刊号 緩和ケアの魔法の言葉―どう声をかけたらいいかわからない時の道標

2015年(Vol.25)

No.1 口腔粘膜吸収性フェンタニルと突出痛
No.2 終末期の身の置き所のなさの緩和ケア
No.3 現場で活用できる意思決定支援のわざ
No.4 認知症のあるがん患者の緩和ケア
No.5 悪性消化管閉塞にどう対応する?どうケアする?
No.6 若年成人がん患者の緩和ケア―現場で知っておくべきYA世代の特徴と治療・ケア
増刊号 緩和ケア臨床日々の悩む場面のコントラバーシー(─続けるのかやめるのか、治療するのかしないのか、難しい場面でわたしはこうしている)