[NEW]年間購読料(2022年)『緩和ケア』『臨床作業療法NOVA』のお知らせ
ホーム > 2021年 > 7月

「生と死」の21世紀宣言 Part 7 〔新訂版〕
少子化、超高齢化の中で「死を生きる道を拓く」

「生と死」の21世紀宣言 Part 7 〔新訂版〕
少子化、超高齢化の中で「死を生きる道を拓く」
102

目次

まえがき  髙松哲雄

1 人生の最期を穏やかに生きるために 小澤竹俊

2 少子化の中の子どもの死を通して、この国のこれからを考える 細谷亮太

3 死生学や臨床現場への関心が高まる理由 島薗 進

4 〈語らい〉

死と喪失にかかわる取り組みのこれから

藤田光寛・大下大圓・柳田邦男・井形昭弘・

山折哲雄・小澤竹俊・細谷亮太・島薗 進

あとがき(新訂版にあたって)  柳田邦男

緩和ケア
2021年7月号
200123

 目次

特集 悪心・嘔吐の最新治療 対処の引出しを増やそう

特集にあたって 森田達也/山口 崇/海津未希子

Outline
悪心・嘔吐 消化器症状ガイドラインの要点 久永貴之

 Detail 《薬物療法のup-date》
①病態に応じた制吐薬の選択は効果があるのか? 松尾直樹
②オピオイド開始時の制吐薬の予防投与はありかなしか? 余宮きのみ
③ドンペリドンは心毒性にどれくらい気をつけるべきか? 水田善之/大森崇史
④オクトレオチドの現在の位置づけは? 本間英之
⑤化学療法に伴う悪心・嘔吐 化学療法の影響もありそうな悪心・嘔吐の薬物療法 安部正和
 
Detail 《非薬物療法のup-date》
①心理的な影響もありそうなとき 山上睦実
②食の提案─食べることに向き合う 細見陽子

 Detail 《難治性の悪心・嘔吐》
①難治性の悪心・嘔吐に対する緩和ケア 今井堅吾
②難治性悪心・嘔吐に対するレボメプロマジン持続皮下注射 矢吹律子
③「マイナーな制吐薬」の立ち位置 田上恵太/鳥越一宏

特別寄稿

COVID-19 Pandemicにおけるアメリカ緩和ケア現場の状況と変化─緩和ケア医として感じたこと 岩永佑子

連載

FAST FACT
クロルプロマジン・レボメプロマジンの持続皮下注射 矢吹律子
落としてはいけないKey Article
緩和ケアの臨床試験はどこまで均一でなければならないのか
─がんと非がんの問題を中心に 森田達也
えびでんす・あれんじ・な~しんぐ(EAN)─実践力を上げる工夫
苦痛緩和のための鎮静 金澤麻衣子
ホスピス緩和ケアの日々
コロナ禍での訪問にて~「先生,顔見せてよー」 相河明規,他
仕事人の楽屋裏
磯崎哲男

書評

「治療構造論による精神科作業療法 手引き 中山広宣」
精神科作業療法の奥深さを味わいながら基本を学ぶ手引書 田中悟郎