ホーム > 2012年 > 5月

緩和ケア 2012年5月号

緩和ケア 2012年5月号
200058

目次

〔特集〕今、改めて宗教的ケアを捉え直す

特集にあたって
死と向き合った時にあらわになる日本人の基盤的宗教観
遺族からみた終末期がん患者に対する宗教的ケア
臨床現場での宗教的ケアの可能性とスピリチュアルケア
緩和ケアにおける宗教的ケア
医療現場における宗教者(チャプレン)の活動
生と死の意味を支える―宗教的に関わった3 事例
急性期病院における宗教的ケアと看護師の役割
ターミナルケアにおける宗教的(仏教的)ケアについての一考察

●らしんばん
 かけがえのない学び―死の臨床を通して
●EAPC(European Association of Palliative Care)疼痛ガイドラインを読む1
 WHO step Ⅱ オピオイド:弱オピオイドの使用,
 WHO step Ⅲ オピオイド:オピオイドの第1 選択
●グッドデス概念を使って難しい状況を理解しよう4
 痛みと眠気のバランス
●いのちの歌
 日だまり
●海外事情
 健康とスピリチュアリティーに関する国際学会設立
 シンポジウムに参加して
 ロシアにおける緩和ケア状況の一断面1
  ―知られざる日本とロシアの類似性
●コミュニケーション広場
 ふらっとカフェ―地域で行う相互支援機能

●わたしのちょっといい話4
 笑顔で過ごせる時間の大切さ
  ―患者さんやご家族が必要とされている支援から
●架け橋緩和ケア×哲学(最終回)
 希望とは一体何なのでしょうか?
●レシピで団欒らん!2
 吐き気に!くず引きささみ
●画像で理解する患者さんのつらさ1
 痛くて,検査どころではありませんっ!!
●新薬のてごたえ
 オキシコドン注射製剤の使用感
  ―パビナール® とオキファスト® の実際
  1. パビナール® ―概要と当院での使用例
  2. オキファスト® ―当院での使用の実際と治験薬での経験
●TOPICS
 緩和ケアに関連した2012 年度診療報酬と介護報酬の
 同時改定について2
  ―介護報酬改定の内容と診療報酬との連動
●在宅ホスピス緩和ケアにおけるチームアプローチ4
 在宅緩和ケアチームを行う場合に重要な視点2
  ―チーム対応のスピード性(いわゆる在宅緩和ケアにおける
  time lag の問題
●REPORT
 PEACE・Orange Balloon Project 5 周年記念フォーラム
 子どものホスピス チャリティコンサート&講演会
●東日本大震災つながり・たより1
 大槌の夕陽が照らしたもの―2012 年3 月11 日

〔投 稿〕

●原 著
 高齢者のがん疼痛表出に認知症が及ぼす影響
 に関する検討